社会福祉援助技術演習③<社会福祉士養成課程レポート>

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数824
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士養成課程で100点満点中100点評価だったレポートを加筆・修正したものです。20文字×30行×3ページ=1200文字以内で書きあげています。課題名は「支援を必要とする状況に身を置いて感じたことから、単に「他者理解」ではなく「支援者の自己覚知」という観点からまとめなさい。」です。
    なお、私自身の文章能力についてはこちらのレポートを参考にして下さい。
    http://www.happycampus.co.jp/docs/961337781536@hc08/71470/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    演習の時間中に自身が視覚障害者となるアイマスク・ウォーキング、高齢者となるインスタントシニアの2つを体験させて頂く機会があった。私自身、児童福祉という現場に身を置く立場であるが、保育という現場であるため高齢者や視覚障害者の立場に立った支援の仕方など、非常に薄い知識しか持ち合わせていなかった。そのため、それぞれ体験において、自身が支援者の役を行った際には、どのように目的地まで誘導してあげればよいか?危険な箇所に対して、どのようにアドバイスしたらよいか?など、自分自身が混乱してしまう面もあり、また体験しているパートナーも非常に不安な気持ちにさせてしまったに違いないと反省するだけであった。
     この演..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。