現代社会と福祉①<精神保健福祉士養成課程レポート>

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数877
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神保健福祉士養成課程で100点満点中85点評価だったレポートを加筆・修正したものです。20文字×30行×3ページ=1200文字以内で書きあげています。課題名は「いわゆる「社会福祉基礎構造改革」についてどの背景要因と経緯について具体的に記述し、併せてそのことから予測される新たな課題や展望について述べなさい。」です。
    最後の参考文献のページは文字数に含まれません。なお、私自身の文章能力についてはこちらのレポートを参考にして下さい。
    http://www.happycampus.co.jp/docs/961337781536@hc08/71470/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     戦後に形成された社会福祉の「旧構造」を様々な「変化」に対応するために「新構造」へと転換させようとする改革こそが社会福祉基礎構造改革である。なお、この改革の対象となった「旧構造」とは、措置制度に代表される行政主導の福祉供給システムである。
    措置制度とは、社会的統合を主目的とした制度であり、その実現のために福祉サービスを提供し、利用者の自立支援を図るものである。しかし、この措置制度において、福祉サービスを利用するためには、社会的統合の対象でなければならない、という制度的限定も生まれていた。例えば、介護や保育などの福祉ニーズを持っていたとしても、措置制度では貧困や障害などの社会的ハンディキャップが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。