精神保健学②<精神保健福祉士養成課程レポート>

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数498
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神保健福祉士養成課程で100点満点中88点評価だったレポートを加筆・修正したものです。20文字×30行×3ページ=1200文字以内で書きあげています。課題名は「我が国の自殺に関する統計について、年齢階層、性別、地域性、自殺の原因動機における傾向と、時代による変遷を記しなさい。」です。
    最後の参考文献のページは文字数に含まれません。なお、私自身の文章能力についてはこちらのレポートを参考にして下さい。
    http://www.happycampus.co.jp/docs/961337781536@hc08/71470/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     平成21年度「我が国における自殺者の概要及び自殺対策の実施状況」や「平成21年中における自殺の概要資料」によると、我が国の自殺者総数は平成10年以降、3万人を超える状況が続いており、平成21年には前年より596人(1.8%)増加し、32,845人となった。
     年齢階層別においては、50歳代が6,491人で全体の19.8%を占め、次いで60歳代、40歳代の順となっており、この順位は前年と同様である。
    性別においては、男性の自殺者数が女性を圧倒しており、平成21年度では男性71.5%に対し、女性は28.5%である。
     地域性においては、都道府県別で自殺者数や自殺率が資料に纏められている。自殺者数..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。