精神保健福祉援助技術各論②<精神保健福祉士養成課程レポート>

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数814
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神保健福祉士養成課程で100点満点中80点評価だったレポートを加筆・修正したものです。20文字×30行×3ページ=1200文字以内で書きあげています。課題名は「精神障害者の退院援助を行うにあたり、退院を阻む要因を挙げ、精神保健福祉士としてどのような役割があるか述べなさい。」です。
    最後の参考文献のページは文字数に含まれません。なお、私自身の文章能力についてはこちらのレポートを参考にして下さい。
    http://www.happycampus.co.jp/docs/961337781536@hc08/71470/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     現在、入院している精神障害者の方々全てが、本来であれば退院している、もしくは退院する予定であることが望ましい。しかし、現実では様々な要因が絡み合い、退院までに至らない事が多い。その結果、精神科病床数や入院期間が他の先進諸国と比べて、多かったり、長かったりしている。このように精神障害者の退院を阻むものとしては、大きく分けて3つの要因が挙げられる。
     1.精神障害者本人の要因
     2.本人を取り巻く家族や地域の要因
     3.社会資源の要因
     以上の要因に関して、精神保健福祉士としての役割を中心に以下に述べる。
     精神障害者本人の要因に関しては、自らの健康管理をはじめ、本人に対する経済保障などの課題が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。