精神保健福祉援助技術各論①<精神保健福祉士養成課程レポート>

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数726
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神保健福祉士養成課程で100点満点中85点評価だったレポートを加筆・修正したものです。20文字×30行×3ページ=1200文字以内で書きあげています。課題名は「チーム医療における精神保健福祉士の視点及び役割について述べよ。」です。
    最後の参考文献のページは文字数に含まれません。なお、私自身の文章能力についてはこちらのレポートを参考にして下さい。
    http://www.happycampus.co.jp/docs/961337781536@hc08/71470/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「情報を提供し専門性を相互に分かち合いながら、共通の理解のもとに治療と援助目標に基づいて協力すること」がチーム医療である。しかし、そのアプローチの方法が固定化されたり、パターン化されたりしたものであってはならない。あくまでも、クライエントである患者や家族の意向と都合を最優先し、状況に合わせて変化する必要がある。
    精神障害者に対するチーム医療には精神科医、看護師、精神保健福祉士、臨床心理技術者、作業療法士など、様々なスタッフの連携が必要である。なかでも精神保健福祉士は精神科医療機関だけの業務に留まらず、そのクライエントの社会関係にも注目しなければならない。例えば、どのような家庭環境に生育したのか..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。