精神科リハビリテーション学②<精神保健福祉士養成課程レポート>

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数931
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神保健福祉士養成課程で100点満点中95点評価だったレポートを加筆・修正したものです。20文字×30行×3ページ=1200文字以内で書きあげています。課題名は「精神保健福祉士が行うリハビリテーションについて具体例をあげながら、説明しなさい。」です。
    最後の参考文献のページは文字数に含まれません。なお、私自身の文章能力についてはこちらのレポートを参考にして下さい。
    http://www.happycampus.co.jp/docs/961337781536@hc08/71470/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     以前、リハビリテーションは機能回復運連や職業訓練といった用語でくくられていた。しかし、現在ではリハビリテーションの規定に全人間的復権が掲げられ、その具体的指標として、個別に発展してきたリハビリテーションの主要四分野である医学的リハビリテーション、教育的リハビリテーション、職業的リハビリテーション、社会的リハビリテーションに共通する価値・意識を基盤に、トータルリハビリテーションの構築が求められている。これらの四分野の場で従事する職種は医師や看護師をはじめ、ソーシャルワーカーなど様々であるが、その中でも精神保健福祉士が行うリハビリテーションについて、具体例を示しながら以下に述べる。
     医学的リハ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。