精神保健福祉論①<精神保健福祉士養成課程レポート>

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数631
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神保健福祉士養成課程で100点満点中80点評価だったレポートを加筆・修正したものです。20文字×30行×3ページ=1200文字以内で書きあげています。
    最後の参考文献のページは文字数に含まれません。なお、私自身の文章能力についてはこちらのレポートを参考にして下さい。
    http://www.happycampus.co.jp/docs/961337781536@hc08/71470/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ノーマライゼーションこそ、障害者福祉の理念の中で最も重要視する理念だと私は考える。1950年代後半のバンク・ミケルセンから始まったノーマライゼーションの考え方は北欧、北米をはじめ先進諸国に広がり、障害者福祉政策の転換への影響力となっていった。しかし、我が国において、障害者福祉制度などにノーマライゼーションと言う言葉と概念は浸透しつつあるが、欧米諸国のように政策の転換とまで至っているとは言えないと思われる。
    ノーマライゼーションとは「障害者を排除するのではなく、障害を持っていても健常者と均等に当たり前に生活できるような社会こそがノーマルな社会である。」ための生活支援システムを構築する運動である..

    コメント1件

    ともっき 非購入
    具体的なレポートの課題名は何ですか?
    2015/09/01 19:09 (15ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。