精神保健福祉論②<精神保健福祉士養成課程レポート>

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数501
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神保健福祉士養成課程で100点満点中90点評価だったレポートを加筆・修正したものです。20文字×30行×3ページ=1200文字以内で書きあげています。
    最後の参考文献のページは文字数に含まれません。なお、私自身の文章能力についてはこちらのレポートを参考にして下さい。
    http://www.happycampus.co.jp/docs/961337781536@hc08/71470/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     精神障害者の人権が問題となるのは、入院を伴う治療の時である。我が国では入院患者の人権擁護のための抜本的な法改正を行い、1987年に「精神保健法」を成立させた。その後も、1995年の「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律」をはじめ、様々な法改正が続いているが、精神科医療の現場における不祥事は続いている。他国に例をみない精神科病床の多さ、入院日数の長さ、医療スタッフの少なさなどが閉鎖的な精神科医療を存続させ、人権を侵害する原因を生んできたと言っても過言ではない。
     国際的には、1991年に国連総会で採択された「精神障害者の保護および精神保健ケアの改善のための諸原則」(以下「国連原則」とする)が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。