地域福祉の理論と方法①<精神保健福祉士養成課程レポート>

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,266
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神保健福祉士養成課程で100点満点中90点評価だったレポートを加筆・修正したものです。20文字×30行×3ページ=1200文字以内で書きあげています。
    最後の参考文献のページは文字数に含まれません。なお、私自身の文章能力についてはこちらのレポートを参考にして下さい。
    http://www.happycampus.co.jp/docs/961337781536@hc08/71470/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     地域福祉をより推進させるためには、社会福祉法第4条に規定されているように地域住民が社会福祉への関心と理解を深め、活動へ参加・協力してもらうことが重要である。また、地域福祉の推進を図るため、都道府県や市町村に対して、地域福祉計画の策定を盛り込んでいるが、これは単なる児童、障害者、高齢者福祉分野の寄せ集めの計画ではなく、全ての住民の地域自立生活を支援する計画であり、地域住民の主体的参加による策定・実行・評価の過程が地域福祉推進の実践そのものである。このようなことからも、地域福祉の主体は住民が担っていると私は考える。
     地域福祉の特徴の一つとして、そこに暮らす地域住民自身が、地域における社会福祉活..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。