精神医学①<精神保健福祉士養成課程レポート>

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数530
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神保健福祉士養成課程で100点満点中100点評価だったレポートを加筆・修正したものです。20文字×30行×3ページ=1200文字以内で書きあげています。
    最後の参考文献のページは文字数に含まれません。なお、私自身の文章能力についてはこちらのレポートを参考にして下さい。
    http://www.happycampus.co.jp/docs/961337781536@hc08/71470/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     統合失調症の仮説として、次の2つの仮説が挙げられる。第一の仮説は「何らかの脳の生理学的・生化学的機能や構造上の異常があり、そのためにライフイベントなど、ストレスとなる出来事に対して十分に対応できるだけの強さを備えられなくなって発病する」というストレス脆弱性対処技能モデル(以下、ストレスモデルという)である。
    第二の仮説は「陽性症状は、高次精神機能や情動、認知に関わる大脳辺縁系・中脳皮質系のドーパミン系神経伝達の過剰活動によって出現する」というドーパミン仮説である。この仮説はドーパミン受容体拮抗薬が薬理効果をもたらす点やアンフェタミンやLドーパなどのドーパミン受容体アゴニストが症状を悪化させる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。