精神保健学①<精神保健福祉士養成課程レポート>

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数521
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    精神保健福祉士養成課程で100点満点中91点評価だったレポートを加筆・修正したものです。20文字×30行×3ページ=1200文字以内で書きあげています。
    最後の参考文献のページは文字数に含まれません。なお、私自身の文章能力についてはこちらのレポートを参考にして下さい。
    http://www.happycampus.co.jp/docs/961337781536@hc08/71470/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     心の健康は自分らしくいきいきと生きるための条件である。具体的には、自分の感情に気づいて表現できること(情緒的健康)、状況に応じて適切に考え、現実的な問題解決ができること(知的健康)、他人や社会と建設的でよい関係を築けること(社会的健康)、人生の意味を見出し、主体的に人生を選択することである。これには、個人の能力や資質のほかに、身体状況、社会経済状況、住居や職場環境、対人関係など様々な要因が影響してくるのである。もちろん、昔からの諺として「病は気から」とあるとおり、身体とも密接な関係がある。
    この心の健康を維持するためには「自己を変えて、環境に合わせるだけではなく、自分に合わせて環境を住みやす..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。