社会福祉原論②<社会福祉士養成課程レポート>

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数869
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士養成課程で100点満点中80点評価だったレポートを加筆・修正したものです。20文字×30行×3ページ=1200文字以内で書きあげています。なお、このレポートに不足している点は、供給サイドからの視点だけではなく、利用者サイドの視点について検討されていれば、もう少し評価点が高かったと感じます。
    なお、私自身の文章能力についてはこちらのレポートを参考にして下さい。
    http://www.happycampus.co.jp/docs/961337781536@hc08/71470/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1951年に社会福祉事業法が制定されて以来、第一種社会福祉事業の運営主体は原則として、国、地方自治体、社会福祉法人に限定されてきた。しかし、1980年代以降から1990年代にかけ、行政関与の第三セクターである福祉公社やホームヘルプサービスの利用会員や提供会員から構成される会員制の市民型互助組織、支援者や利用者に当事者型互助組織、生活協同組合や農業協同組合、有料老人ホームやベビーシッター事業などの広く関連サービスを商品として提供する福祉産業の参入とも相まって、社会福祉の提供組織は著しく多様・多元化することになった。この結果、肥大化した公共的福祉供給組織は財政の圧迫要因となるばかりか、サービスの費..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。