社会福祉援助技術演習④<社会福祉士養成課程レポート>

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数817
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士養成課程で100点満点中100点評価だったレポートを加筆・修正したものです。20文字×30行×3ページ=1200文字以内で書きあげています。
    私自身の文章能力についてはこちらのレポートを参考にして下さい。
    http://www.happycampus.co.jp/docs/961337781536@hc08/71470/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    知的障害者の客観的基準を示す法令にあっては「発達期(概ね18歳未満)において遅滞が生じること、遅滞が明らかであること、遅滞により適応行動が困難であること」の3つを要件とするものが多く、遅滞が明らかか否かの判断に際しては「知能検査(WISCやK-ABCなど)で知能指数が70ないし75未満(以下)の者」といった定義がなされるが、それだけではないと思われる。実際には知的障害に加え、自閉症、ダウン症、視覚障害、身体障害など様々な障害を併せて持つ人も多数おり、障害によって社会福祉援助技術を工夫しなければならない。例えば、知的障害者であり、自閉症であり、全盲であった方への社会福祉援助技術の直接援助は「詳細..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。