社会福祉援助技術演習①<社会福祉士養成課程レポート>

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,320
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士養成課程で100点満点中90点評価だったレポートを加筆・修正したものです。20文字×30行×2ページ=1200文字以内で書きあげています。
    私自身の文章能力についてはこちらのレポートを参考にして下さい。
    http://www.happycampus.co.jp/docs/961337781536@hc08/71470/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     対象者や土台となる学問など本質的な部分において社会福祉援助技術とカウンセリングは異なる部分がある。例えば、カウンセリングの対象者の定義は「発達や人間関係で悩んでいる人」であるが、社会福祉援助技術における対象者の定義は「要援助者(福祉サービス・クライエント)」であり、カウンセリングと異なり、対象者の幅が非常に広く感じられる。細かな部分を挙げれば異なる点は多々あるが、課題でもある「傾聴」という意味ではどうであろうか。基本的にカウンセリングは「いかなる心理療法であっても「傾聴」を使って話を聴く」とあるように基礎技法として「傾聴」を使用している。しかしながら、社会福祉援助技術において「傾聴」は一つの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。