老人福祉論②<社会福祉士養成課程レポート>

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数422
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士養成課程で100点満点中85点評価だったレポートです。20文字×30行×2ページ=1200文字以内で書きあげています。ただし、参考文献のページ(3ページ目)は文字数制限には含まれておりません。
    私自身の文章能力についてはこちらのレポートを参考にして下さい。
    http://www.happycampus.co.jp/docs/961337781536@hc08/71470/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    わが国において社会保険は「国民の生活を保障するため、疾病・死亡等の生活を脅かす事由が生じたときに、一定の基準に基づき給付を行い、事故の救済を行うもの」である。介護保険制度もこの社会保険の一つとして、平成12年4月より、要介護状態、要支援状態を保険事故として、保健・医療・福祉にかかわる介護サービスが給付されることとなった。
    その後、平成18年4月に制度全般の見直し時期から「介護予防」を重視したシステムへの転換を目玉の一つとして介護保険制度の改革を行った。その具体的な内容として、要支援者(要支援1・2)に対し、自立促進を支援するための介護予防サービスの創設(介護保険法第8条の2において定義)がある..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。