医学一般②<社会福祉士養成課程レポート>

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数450
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士養成課程で100点満点中98点評価だったレポートです。20文字×30行×2ページ=1200文字以内で書きあげています。ただし、参考文献のページ(3ページ目)は文字数制限には含まれておりません。
    私自身の文章能力についてはこちらのレポートを参考にして下さい。
    http://www.happycampus.co.jp/docs/961337781536@hc08/71470/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    後天的な脳の器質的障害、例えばアルツハイマー病などによる変性疾患やクロイツフェルドヤコブ病など感染症により、獲得された知的機能の全般的な低下、人格の変化、感情表現の変化した状態のことを認知症という。これら認知症には中核症状と周辺症状があり、家族など介護者を悩ませ、医療機関の受診の契機となるのが周辺症状である。
     中核症状とは記憶障害と認知機能障害から成り、脳の神経細胞が壊れることによって、直接起こる症状である。具体的には、直前に起きたことも忘れる記憶障害、いつ・どこかが分からなくなる見当識障害、筋道を立てた思考が出来なくなる判断力の障害、予想外の事に対処できなくなる実行機能の障害、ボタンをはめ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。