心理学<社会福祉士養成課程レポート>

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数746
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士養成課程で100点満点中85点評価だったレポートです。20文字×30行×2ページ=1200文字以内で書きあげています。ただし、参考文献のページ(3ページ目)は文字数制限には含まれておりません。
    私自身の文章能力についてはこちらのレポートを参考にして下さい。
    http://www.happycampus.co.jp/docs/961337781536@hc08/71470/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     心身の緊張や不安、悩みなどをやわらげ、心の安定を保とうとする働きのことを適応規制という。この適応規制と不適応規制に対して使われる言葉が防衛機制であり、欲求不満などによって適応することが出来ない状態に陥った時に、不安が動機となって行われる自我の再適応のメカニズムを指す。これら適応防衛機制の代表的な例として、イギリスの精神分析家アンナ・フロイトは抑圧、注意を集める、合理化、同一視、投影、反動形成、逃避、対抗、補償、置き換え、昇華などを児童精神分析の研究の中から言い出した。防衛機制自体は誰しも見られる正常な心理的作用であって、人によってはよく使われる防衛機制もある。私自身は過去に合理化、反動形成、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。