社会福祉援助技術論①<社会福祉士養成課程レポート>

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,444
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士養成課程で100点満点中80点評価だったレポートを加筆・修正したものです。20文字×30行×2ページ=1200文字以内で書きあげています。ただし、参考文献のページ(3ページ目)は文字数制限には含まれておりません。
    私自身の文章能力についてはこちらのレポートを参考にして下さい。
    http://www.happycampus.co.jp/docs/961337781536@hc08/71470/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     社会福祉施設には判断能力が不十分な高齢者や寝たきりの高齢者、身体障害者、精神障害者など様々な問題を抱えた利用者が多く存在している。また、彼らの中には自分の力だけでは自分の利益や権利を主張できない方も多数いる。そのような方々が自分の権利を主張する際に必要とするのが、社会福祉援助における権利擁護の必要な対象であり、状況でもある。例えば、体が不自由な方や障害を持った方が自分の利益などを侵害されていることを認識できたとしても、彼らには主張することが出来なかったり、主張や訴えたりしても相手にならない可能性も考えられる。そのような状況に陥った際、社会福祉士などが代弁(アドボカシー)し、彼らの権利を擁護す..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。