児童福祉論②<社会福祉士養成課程レポート>

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数615
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士養成課程で100点満点中90点評価だったレポートです。千葉市の次世代育成支援行動計画に関する当時の課題、及びそれに対する作者の持論を記載しています。持論を展開している関係上、必ずしも正論とは限りませんので、予めご了承ください。
     20文字×30行×2ページ=1200文字以内で書きあげています。ただし、参考文献のページ(3ページ目)は文字数制限には含まれておりません。
    私自身の文章能力についてはこちらのレポートを参考にして下さい。
    http://www.happycampus.co.jp/docs/961337781536@hc08/71470/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    千葉市の次世代育成支援行動計画として平成17年3月に「夢はぐくむ ちば 子どもプラン」が計画された。その計画の中で課題となっていると思われる基本施策7「質の高い保育サービスを提供する」中から一時・延長保育、子どもルーム(学童保育)、病児保育の3つの課題を掲げる。
     一時・延長保育については公立と民間(厚生労働省認可に限る)の差が激しい。千葉市内全ての民間保育園は延長保育を含め午後8時まで開園しているが、公立保育所は全て午後7時までである。一時保育も民間保育園は市内33園中半数が実施しているのに対し、公立保育所は60ヶ所中、たったの4ヶ所である。この結果、民間保育園に応募が集中し、待機児童が増え..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。