社会福祉援助技術論③<社会福祉士養成課程レポート>

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数781
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士養成課程で100点満点中85点評価だったレポートです。20文字×30行×2ページ=1200文字以内で書きあげています。文末に余裕があるので、概念について歴史的背景が検討されれば、非常に良いレポートであったと思われます。なお、参考文献のページ(3ページ目)は文字数制限には含まれておりません。
    私自身の文章能力についてはこちらのレポートを参考にして下さい。
    http://www.happycampus.co.jp/docs/961337781536@hc08/71470/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    我々が生活している地域社会には様々な福祉サービスや施設が存在している。そして、それらを利用する方も様々であり、相談を受ける側も様々である。しかしながら、福祉施設やサービスが豊富に揃っていたとしても、それらが利用しづらい環境であったり、必要な利用者の多くが知らなかったり、人材が乏しかったりしたら意味がない。また、施設やサービスが充実しており、人材も豊富であるからといって、その地域の福祉援助が成り立つわけではない。その地域で生活する人々の理解や協力があって「地域援助技術」は成り立つのである。以上のことより、「地域援助技術」は地域社会における住民参加の援助技術を組織化する技術としての意味を持っている..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。