障害者福祉論①<社会福祉士養成課程レポート>

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数641
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士養成課程で100点満点中85点評価だったレポートです。20文字×30行×2ページ=1200文字以内で書きあげています。ただし、参考文献のページ(3ページ目)は文字数制限には含まれておりません。
    私自身の文章能力についてはこちらのレポートを参考にして下さい。
    http://www.happycampus.co.jp/docs/961337781536@hc08/71470/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本における障害者のための施策に関する基本的な事項を定めた法律が障害者基本法である。元々は1970年に制定された心身障害者対策基本法であったが、1981年の国際障害者年、1983年~1992年の国連障害者の十年など国連を初めとした国際的に障害者差別法を制定している国が増加していること、障害者を取り巻く社会情勢の変化(障害者の地域生活を支援する体制の整備が推進されていることなど)に対応するために1995年の法改正と共に名称が変更された。この法律の目的は「障害者の自立及び社会参加の支援のための施策」に関して、国や地方自治体等の責務を明らかにし、自立支援の基本事項を定め、計画的に推進し、障害者の福祉..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。