社会学<社会福祉士養成課程レポート>

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数502
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    社会福祉士養成課程で100点満点中85点評価だったレポートです。20文字×30行×2ページ=1200文字以内で書きあげています。なお、文字数制限の関係上、改行などを全く行っていないため、見にくい点があります。予めご了承ください。
    私自身の文章能力についてはこちらのレポートを参考にして下さい。
    http://www.happycampus.co.jp/docs/961337781536@hc08/71470/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現代の社会学における基本的家族像は「個人」を中心とした関係などから成り立っていると思われる。これまでの家族の捉え方は親や親族、きょうだいなどから構成される「集団」としての家族であった。この「集団」から「個人」を中心とした家族像へと変化した背景として、少子高齢化の影響が大きいと考えられる。その中でも平均世帯員数の推移は最も顕著となっており、1955年まで平均5人前後で安定してきた平均世帯員数が2000年には2.67人と急減しているのである。また、子どもを含む世帯が減少し、65歳以上の高齢者を含む世帯が増加している傾向もある。家族構成においては核家族世帯、単独世帯の増加傾向が明らかであり、核家族世..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。