集団援助技1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数466
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     「集団援助技術(グループワーク)の展開過程についてまとめよ。」
     グループワークはグループの中の人間関係を活用し、プログラム活動を展開しながら目標を達成していく過程である。グループの発達段階:準備期~終結期を踏まえながら、メンバーを援助するが、全てのグループワークがこのように展開するとは限らないので、グループの現状を把握し、次の目標を設定する為の一つのガイドラインとして、各期の特色とワーカーの援助行動を順に述べていく。
     1準備期
     準備期とは、グループワークの援助の必要性が生じ、ワーカーがメンバー一人ひとりを把握し、目標を設定し、予備的接触をするまでをさす。この時期におけるワーカーのなすべき援助行動は、①援助を必要とする一人ひとりのメンバーのニーズや問題について考える。②メンバーの意識、能力、興味を考慮し、グループのあり方やメンバーの目標を立てる。③メンバーの編成、会合時間、場所、費用、設備、プログラム内容などを考える。④職員へ活動の意義や目的を説明し、お互いに取りえる役割を明確にし、協力体制を作る。⑤ケース記録や担当職員から情報を得、メンバー一人ひとりの理解を深める。⑥メンバーと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。