集団援助技術 (グループワークのまとめ)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,031
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    「集団援助技術(グループワーク)についてまとめよ。」

     グループワークとは、ソーシャルワークの主要な方法の一つであり、グループを活用して個人の成長や問題の解決を促す社会福祉の援助技術の体系である。正式には、ソーシャル・グループワークと呼ぶが、わが国では社会福祉士及び介護福祉士の国家資格化に伴い集団援助技術とも呼ばれるようになった。

     以下、グループワークの歴史的展開を踏まえながら、グループワークとは何かをまとめ、順に述べていく。

     1歴史的展開

     ⑴萌芽

     グループワークの萌芽は、19世紀半ばから20世紀初めにイギリスやアメリカで起こった青少年団体運動やセツルメント運動などに求める事が出来る。
      ①青少年団体運動
     1844年に人格形成を目的とする社会サービスを最初に提供した団体がロンドンで誕生している。この団体はYMCA(キリスト教青年会)と言い、最初はキリスト教信仰を深める祈祷会や聖書クラスから始まり、その後語学クラス、算数クラスなどをはじめていった。今日では世界90数カ国に広がりを持つ青少年団体に成長している。他にも1855年にはYWCAが

     

     

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「集団援助技術(グループワーク)についてまとめよ。」
     グループワークとは、ソーシャルワークの主要な方法の一つであり、グループを活用して個人の成長や問題の解決を促す社会福祉の援助技術の体系である。正式には、ソーシャル・グループワークと呼ぶが、わが国では社会福祉士及び介護福祉士の国家資格化に伴い集団援助技術とも呼ばれるようになった。
     以下、グループワークの歴史的展開を踏まえながら、グループワークとは何かをまとめ、順に述べていく。
     1歴史的展開
     ⑴萌芽
     グループワークの萌芽は、19世紀半ばから20世紀初めにイギリスやアメリカで起こった青少年団体運動やセツルメント運動などに求める事が出来る。
     ①青少年団体運動
     1844年に人格形成を目的とする社会サービスを最初に提供した団体がロンドンで誕生している。この団体はYMCA(キリスト教青年会)と言い、最初はキリスト教信仰を深める祈祷会や聖書クラスから始まり、その後語学クラス、算数クラスなどをはじめていった。今日では世界90数カ国に広がりを持つ青少年団体に成長している。他にも1855年にはYWCAが誕生し、後に世界的な青少年団体になってい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。