社会福祉援助技術 諸援助技術とその援助過程のまとめ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,155
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境福祉社会福祉社会経済援助技術発達援助技術

    代表キーワード

    環境

    資料紹介

    「社会福祉方法としての社会福祉援助技術の諸援助技術とその援助過程についてまとめなさい」

     社会福祉援助技術は、直接援助技術、間接援助技術および、その他の関連援助技術の3つに分けられる。

     直接援助技術には、①個別援助技術(ケースワーク)、②集団援助技術(グループワーク)が、間接援助技術には、①地域援助技術(コミュニティワーク)、②社会活動法(ソーシャル・アクション)、③社会福祉調査(ソーシャルワーク・リサーチ)、④社会福祉運営管理(ソーシャル・アドミニストレーション)、⑤社会福祉計画(ソーシャル・プランニング)が挙げられる。関連援助技術は、ネットワーク、ケアマネジメント、スーパービジョン、カウンセリング、コンサルテーションの5つから成っている。
     今日の社会福祉援助技術は以上の12に分類され、展開されている。社会福祉援助技術とは、社会福祉専門職者が、社会生活をおくるうえで何らかの生活課題に直面している人間(福祉サービス利用者)に対して、人間と環境の交互作用を改善して、利用者の社会生活機能を促進することを目的として援助する過程で用いられる方法・技術であり、過程そのものである。
     以下、前述した12の社会福祉援助技術の展開過程などについて、個別援助技術と集団援助技術を中心に、順に述べていく。
     1個別援助技術(ケースワーク)
     個別援助技術は、施設・在宅などの社会生活をおくるうえで身体的、精神的、社会、経済、文化的要因によって何らかの解決を要する生活課題に直面している個人・家族に対して、その問題解決ないし課題遂行を援助するために専門職者によって用いられる技術である。ここでは展開過程を「インテーク、調査、診断、処遇」と考え述べていく。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会福祉方法としての社会福祉援助技術の諸援助技術とその援助過程についてまとめなさい」
     社会福祉援助技術は、直接援助技術、間接援助技術および、その他の関連援助技術の3つに分けられる。
     直接援助技術には、①個別援助技術(ケースワーク)、②集団援助技術(グループワーク)が、間接援助技術には、①地域援助技術(コミュニティワーク)、②社会活動法(ソーシャル・アクション)、③社会福祉調査(ソーシャルワーク・リサーチ)、④社会福祉運営管理(ソーシャル・アドミニストレーション)、⑤社会福祉計画(ソーシャル・プランニング)が挙げられる。関連援助技術は、ネットワーク、ケアマネジメント、スーパービジョン、カウンセリング、コンサルテーションの5つから成っている。
     今日の社会福祉援助技術は以上の12に分類され、展開されている。社会福祉援助技術とは、社会福祉専門職者が、社会生活をおくるうえで何らかの生活課題に直面している人間(福祉サービス利用者)に対して、人間と環境の交互作用を改善して、利用者の社会生活機能を促進することを目的として援助する過程で用いられる方法・技術であり、過程そのものである。
     以下、前..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。