在宅福祉サービスの体系と介護保険制度について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,098
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「在宅福祉サービスの体系と介護保険制度について」

     在宅福祉サービスや介護保険制度は、現在では老人福祉対策の中核になっていると言っても良いだろう。このレポートではその「在宅福祉サービス」の概念や具体的な制度の体系。また介護保険の現状や今後の課題について順に述べていきたい。

     1在宅福祉サービス

     ①在宅福祉サービスの概念

     以前の老人福祉対策は、どちらかというと施設対策中心に進められてきた。しかし、高齢者の多くは、老後も住み慣れた家庭や地域で家族とともに暮らしていく事を望んでいる。これは人間が人間らしく生きていくうえで当然の権利とも言えるだろう。老人福祉対策を進めるうえにおいては、寝たきり老人等の在宅での生活を支援していく事が必要となった。
    そのため、政府は平成11年には「ゴールドプラン21」を策定し、高齢者福祉施策のいっそうの充実を図った。基本的なプランは「明るく活力ある高齢化社会の実現」であり、具体的な施策については「多くの高齢者の希望に応え、可能な限り在宅で自立した日常生活が営めるよう、在宅サービスを重視する」「訪問介護員などの在宅サービスを担う人材の養成確保を図る」などの方向性が示されている。
     ②在宅福祉

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「在宅福祉サービスの体系と介護保険制度について」
     在宅福祉サービスや介護保険制度は、現在では老人福祉対策の中核になっていると言っても良いだろう。このレポートではその「在宅福祉サービス」の概念や具体的な制度の体系。また介護保険の現状や今後の課題について順に述べていきたい。
     1在宅福祉サービス
     ①在宅福祉サービスの概念
     以前の老人福祉対策は、どちらかというと施設対策中心に進められてきた。しかし、高齢者の多くは、老後も住み慣れた家庭や地域で家族とともに暮らしていく事を望んでいる。これは人間が人間らしく生きていくうえで当然の権利とも言えるだろう。老人福祉対策を進めるうえにおいては、寝たきり老人等の在宅での生活を支援していく事が必要となった。
    そのため、政府は平成11年には「ゴールドプラン21」を策定し、高齢者福祉施策のいっそうの充実を図った。基本的なプランは「明るく活力ある高齢化社会の実現」であり、具体的な施策については「多くの高齢者の希望に応え、可能な限り在宅で自立した日常生活が営めるよう、在宅サービスを重視する」「訪問介護員などの在宅サービスを担う人材の養成確保を図る」などの方向性..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。