社会福祉調査の性格と類型について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,152
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     社会福祉調査の性格と類型についてまとめ、統計調査と事例調査の相違について述べよ。
     はじめに
     社会福祉調査は、世論調査、統計調査などを含む社会調査を応用したもので、共通の手法を用いるが、調査目的を社会福祉問題の抽出及び問題解決と防止のための資料の提供と位置づけており、この点で社会調査と区別される。調査の内容は、主に2つに分けられる。
     1つは現在提供されている社会福祉サービスに対する要求や潜在的ニーズの発見など、福祉ニーズの的確な把握と分析である。もう一つは、ニーズ充足のために提供されている社会福祉サービスの効果の測定である。方法としては、調査対象や目的によって統計的調査や事例調査などが用いられる。
     1応用分野
     社会福祉調査は社会調査の一応用分野である。社会調査法の名の下に開発され体系化された技法やそこから派生した技法を用いて進められる。社会福祉において社会調査法を適用して追究すべき主な課題をあえて分類すれば、次の6つにまとめることができる。
     ⑴人間行動と社会関係の理解  
    社会福祉の業務は、個別援助から社会福祉制度の改善や政策の立案のレベルまで幅広いものがある。どのレベルの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。