超高齢社会への準備 高齢者の介護は誰が担うべき?

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数489
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    高齢者の介護は誰が担うべきか述べよ。

    はじめに

    日本は既に「高齢社会」であり、平成22年には超高齢社会となる見込みである。すなわち、今まさに「超高齢社会への準備」を進めているということになる。

    1超高齢社会への準備

    まず、平成9年に「介護保険法案」が可決成立し、平成12年度から介護保険制度が開始されることが決まった。

    当時は、一部の人が行政と社会福祉法人等による措置的なサービスを利用したり、病院等では「社会的入院」が問題になったりしていた。その他多くの要介護高齢者は、ほとんどサービスを利用していなかったのである。また、自由にサービスを選んだり利用したり出来る状況でもなかったのである。

    この時期は、親や配偶者、家族介護の形態は様々であるが、介護者自身も高齢化し、また、介護を行なう期間も長期化する傾向で

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    高齢者の介護は誰が担うべきか述べよ。
    はじめに
    日本は既に「高齢社会」であり、平成22年には超高齢社会となる見込みである。すなわち、今まさに「超高齢社会への準備」を進めているということになる。
    1超高齢社会への準備
    まず、平成9年に「介護保険法案」が可決成立し、平成12年度から介護保険制度が開始されることが決まった。
    当時は、一部の人が行政と社会福祉法人等による措置的なサービスを利用したり、病院等では「社会的入院」が問題になったりしていた。その他多くの要介護高齢者は、ほとんどサービスを利用していなかったのである。また、自由にサービスを選んだり利用したり出来る状況でもなかったのである。
    この時期は、親や配偶者、家族介護の形態は様々であるが、介護者自身も高齢化し、また、介護を行なう期間も長期化する傾向であり、介護を要する高齢者及びその家族の疲労はピークに達し、社会問題となりつつあった。  また、国民の多くは、将来、介護が必要となることへの不安を感じているとのことで、「介護保険制度」は必要不可欠なものとして、施行されることとなったのである。
    2問題点
    ただし、全ての人が手放しで歓迎していたわ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。