資料組織概説Ⅱ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数416
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    目録の機械化・ネットワーク化(MARC、OPAC、書誌ユーティリチィーの出現)によって図書館サービスはどのように変化したか、さらに今後の課題について考察しなさい
    始めに
    「IT革命」という言葉を、森善朗内閣総理大臣(当時)が所信表明演説の中で述べてから6年近くたつが、その浸透ぶりは、おそらく彼の予想を超えたところに在るだろう(何しろ森首相はIT革命をイット革命と呼んだという噂があるくらいだから)ここでは、目録の機械化、ネットワーク化の利点と欠点を上げながら考察しようと思う。
    Ⅰ、IT革命とそのもたらしたもの
    1980年代以降急速に発展したコンピュータ・情報通信技術は社会や生活のあり方に劇的な変化をもたらした。「革命」というといささか大げさな気もするが、産業構造にもたらされた変革は、18世紀の産業革命にも比肩しうる程の歴史的大変革をもたらすとの見方から「IT革命」と呼ばれた
    人類の技術から考えると、最初に農業による農業革命が起き、その後に工業による工業革命(産業革命)が起き、情報革命(IT革命)は3度目の革命といわれている。
    ITとはInformation Technology(インフォ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。