公的扶助論 生活保護制度を利用している65歳以上の人と40歳以上65歳未満の人の介護保険料の支払いと介護保険サービス等の利用に伴う負担の仕方について整理しなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数624
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「生活保護制度を利用している65歳以上の人と40歳以上65歳未満の人の介護保険料の支払いと介護保険サービス等の利用に伴う負担の仕方について整理しなさい」
     介護保険法はその第9条において、市町村の区域内に住所を有する65歳以上のものを第1号被保険者・市町村の区域内に住所を有する40歳以上65歳未満の医療保険加入者を第2号被保険者と規定している。生活保護法においては、第4条に「保護の補足性」を規定し、保護は、生活の困窮する者が、その利用しうる資産、能力その他あらゆるものを、その最低限度の生活に維持のために活用することを用件とし、他の法律に定める扶助は、すべてこの法律による保護に優先する他法優先が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。