社会福祉援助技術論 ケースワークの実践で注意すべき原則

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数632
ダウンロード数14
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ソーシャルワークは、利用者が豊かな社会生活を実現するための制度を利用者の生活の中に具体化するためのものであり、そのために利用者の社会生活を援助する専門的な実践活動である。そしてその対象を、生活問題を抱える当事者とその家族とし、個別の対応で問題を解決しようとする専門技術がケースワーク(個別援助技術)である。
    では、ケースワークの実践において注意すべき原則をその方法の順序に従って述べる。  
    まず始めに、援助者は利用者の面接を行う。援助者は利用者に最適の援助を提供しようとする、利用者主体的な考えを持つために、利用者の生活問題を十分に情報収集・分析をする必要がある。ここで注意すべきは、問題状況や背景..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。