老人福祉論 介護保険の現状と課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,403
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     わが国では、急速な人口の高齢化によって、高齢者介護の増加は深刻な問題となっている。その中で介護保険制度は、国と国民の将来的不安要因の解消を期待され構築されてきた。
     介護保険制度では、大きく分けて二つの効果を目指した。それは増加する介護費用抑制による財政再建・介護サービスの効率化と質の向上、である。介護保険導入による財政再建として、サービス費用の利用者負担が始まり、後の介護保険法の改正では介護保険と年金の給付の重複の是正が行われた。また、介護保険導入後も膨張する介護費を抑えるために、介護予防対策として地域支援事業を進め、在宅生活の支援に重点を置くこととした。このことは財政再建の目的だけにあら..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。