社会福祉原論 社会福祉の今日的展開

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数896
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会福祉の基本的、最終的な課題は対象である生活問題や福祉ニーズに働きかけ、これを緩和し、人々の自立的な生活を支援し、社会的統合を維持確保することである。」この課題を実現するために、在宅福祉は重要な役割を担うのである。かつてリハビリテーションの重要性が認められ、ノーマライゼーションや社会参加の理念が強調されるようになった背景が、地域で生活することを目指す現在の在宅福祉の考え方に大きく影響している。後に障害者福祉の分野から端を発した自己決定の尊重や自立支援という思想は、現在では全ての福祉分野の共通する理念であり、数々の社会福祉の発展段階を経て契約システムが構築されることとなった所以ともいえる。利..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。