教育哲学I①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数214
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    情報子ども教育学哲学科学問題思想分析理論

    代表キーワード

    教育哲学

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     教育学にはたくさんの研究領域があり、教育哲学は教育学研究の一領域である。教育哲学には、さまざまな疑問や批判が投げかけられているのも事実である。例えば、教育問題の解決には、教育に関する事実を科学的に説明する教育心理学や教育社会学などの研究が必要であるが、教育哲学は科学的研究からそれていること、教育活動に携わる人は教育に対する信念が必要であるが、教育哲学は実践に役立つような信念を提示できていないなどである。これらに対して著者は、「科学的知識も正確であっても部分的である」(P25)「科学的知識を有機化していかなければならない」(P24)「信念は科学的知識と相容れなかったり科学的研究を拒否しがちである。教育哲学はたんに信念の提供をのみ課題とするべきではない」(P24)と述べている。 
     ここで教育学の構造とその課題を考える。私たちは、人間形成への関心を持っている。例えば、親は子どもをより良くしたい、どんな人間にしたらよいかということを考える。つまり、どう教育したらよいかという教育問題が発生するのである。私たちは、この教育問題をその時代の常識によって解決しようとするが、人間や子どもをよりもっと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。