学級経営 ①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数162
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     学校教育は、学級を基礎単位として展開される。その学級は、学校の教育の目的を遂行するためにつくられる児童の集団である。その学級集団はともに学習する集団であり、ともに生活する集団でもある。よって、人格形成の場になることから学級集団における学級経営は重要な役割を持っている。学級経営を行うのは学級担任である。その学級担任が学級経営をどのように構想し、具体的に実践するかが課題である。学級担任の教育観や実践的な教育指導力によって、その成果に大きな違いが生じることになるのである。また、学校の教育方針や教育計画に基づく教育活動をどのように展開するか、学級教育には教科書や教材がある領域があれば、教科書がない規範意識や社会性の伸長を目指す生活指導や集団指導などがあり、学級の望ましい人間形成を基礎に指導することで大きな成果が期待できるのである。特に最近では、小1プロブレムや中1ギャップをはじめとする生徒指導上の問題の解決が学校現場に求められている。学級担任は、学級経営の意義の理解と学級担任の確かな学級経営力が求められている。
     平成17年10月の中央教育審議会答申「新しい時代の義務教育を創造する」の中で、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。