人間の発達と学習1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数407
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    心理学における発達という概念は、一般的に「個体と環境との継続的な相互交渉を通して、さまざまな機能や構造が分化し、さらに統合されて、個体が機能上より有能に、または構造上より複雑になっていく過程」という捉え方がなされている。発達は未分化なものが分化し、やがて再統合される過程であり、単に成長という量的な変化だけで捉えられるものでなく、質的な変化過程も含めて捉えられるべきものである。
    生まれたての子どもは、周りの世界と子どもが未分化な状態で、子どもを中心に世界が周っている状態であり、この時期の子どもは、誰からも責められることはなく逆に、ほめられて、ほめられて、賞賛の渦の中にいる状態である。何をやっても可愛がられる時代を子ども達は、必ずといっていいほど過ごす。この時期に殴られたり、叱られたりする子どもは、ほとんどいないはずである。しばらくすると子ども達は、周りの賞賛に後押しされながら、誕生から6~8ヶ月で這い這いを始める。その這い這いの時期から、徐々に子ども達は、他者を発見するようになる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    心理学における発達という概念は、一般的に「個体と環境との継続的な相互交渉を通して、さまざまな機能や構造が分化し、さらに統合されて、個体が機能上より有能に、または構造上より複雑になっていく過程」という捉え方がなされている。発達は未分化なものが分化し、やがて再統合される過程であり、単に成長という量的な変化だけで捉えられるものでなく、質的な変化過程も含めて捉えられるべきものである。
    生まれたての子どもは、周りの世界と子どもが未分化な状態で、子どもを中心に世界が周っている状態であり、この時期の子どもは、誰からも責められることはなく逆に、ほめられて、ほめられて、賞賛の渦の中にいる状態である。何をやっても可愛がられる時代を子ども達は、必ずといっていいほど過ごす。この時期に殴られたり、叱られたりする子どもは、ほとんどいないはずである。しばらくすると子ども達は、周りの賞賛に後押しされながら、誕生から6~8ヶ月で這い這いを始める。その這い這いの時期から、徐々に子ども達は、他者を発見するようになる。それは、子どもの自由意志を親が、制限し始めるからである。子どもは、自分とは違う意志をそこに感じることで、自分..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。