児童理解と教育相談(2)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数569
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    児童相談教育

    代表キーワード

    児童児童理解と教育相談

    資料紹介

    文部科学省の定義では、不登校とは、「何らかの心理的,情緒的,身体的,あるいは社会的要因・背景により、児童生徒が登校しないあるいはしたくともできない状況にあること(ただし、病気や経済的な理由によるものを除く)」と定義している。これまでの不登校のタイプとして1つは母子分離不安タイプがある。これは保育園、幼稚園など初めて、親から離れて自分ひとりで他者と生活しなくてはならないという不安から生じてくる不登園、不登校のタイプである。その原因の中で、環境的要因としては新しい環境に適応するのに時間がかかることや保育士・幼稚園教諭に対する仮の母への移行につまずくこと。母子関係の要因としては母親の不安が高く、過保護であったことや兄弟姉妹がなく同世代の子どもとの体験が少ないこと。児童自身の要因としては言語発達、遊びの発達、コミュニケーションなどの社会的スキルの発達に遅れがある児童が現れてきている。もう一つは良い子の息切れ・良い子の氾濫タイプがある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    文部科学省の定義では、不登校とは、「何らかの心理的,情緒的,身体的,あるいは社会的要因・背景により、児童生徒が登校しないあるいはしたくともできない状況にあること(ただし、病気や経済的な理由によるものを除く)」と定義している。これまでの不登校のタイプとして1つは母子分離不安タイプがある。これは保育園、幼稚園など初めて、親から離れて自分ひとりで他者と生活しなくてはならないという不安から生じてくる不登園、不登校のタイプである。その原因の中で、環境的要因としては新しい環境に適応するのに時間がかかることや保育士・幼稚園教諭に対する仮の母への移行につまずくこと。母子関係の要因としては母親の不安が高く、過保護であったことや兄弟姉妹がなく同世代の子どもとの体験が少ないこと。児童自身の要因としては言語発達、遊びの発達、コミュニケーションなどの社会的スキルの発達に遅れがある児童が現れてきている。もう一つは良い子の息切れ・良い子の氾濫タイプがある。これは、乳・幼児期に手のかからない「おとなしくて良い子」が抑圧していた願望を抑えきれなくなって親が最も大切にしている学校にいかないことで反抗心を示すタイプである。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。