児童理解と教育相談(1)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数475
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    児童相談教育

    代表キーワード

    児童児童理解と教育相談

    資料紹介

    現在の小学生が置かれている環境はめまぐるしく変化しています。少子化や核家族化が進み、子どもが人との関わりあう経験・体験不足が指摘されています。コミュニケーション能力や人間関係を築く力の低下、人間関係の希薄化はこどもの豊かな人間性や社会性の発達に大きな影響を与えています。学校現場においても、いじめ、不登校、学級崩壊など様々な問題が生じています。その中で児童が将来、きちんと自身の「生き方」に向き合いながら自己実現を目指していくためには、社会や自分が属する集団の変化に対応しながら、主体的に生きていける力を発達段階に応じて身に付けていくことがより重要になってきます。学校は、児童が社会的に自立するための資質や能力を、集団活動を通して学んでいく場所です。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現在の小学生が置かれている環境はめまぐるしく変化しています。少子化や核家族化が進み、子どもが人との関わりあう経験・体験不足が指摘されています。コミュニケーション能力や人間関係を築く力の低下、人間関係の希薄化はこどもの豊かな人間性や社会性の発達に大きな影響を与えています。学校現場においても、いじめ、不登校、学級崩壊など様々な問題が生じています。その中で児童が将来、きちんと自身の「生き方」に向き合いながら自己実現を目指していくためには、社会や自分が属する集団の変化に対応しながら、主体的に生きていける力を発達段階に応じて身に付けていくことがより重要になってきます。学校は、児童が社会的に自立するための資質や能力を、集団活動を通して学んでいく場所です。
    教師はそのような生きる力を児童一人一人の個性や特徴
    を十分に理解することで、初めて的確な指導ができるは
    ずです。児童を理解する必要性はこのような点にありま
    す。
     児童をよく理解することによって個々の長所を知るこ
    とになり、また問題となる部分についてはいつ、どのよ
    うな機会、方法で指導することが最も効果的かというこ
    とをはっきりと認識することにな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。