育児・介護休業に関する規定

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数4
閲覧数644
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    育児・介護休業等に関する規定
    (目 的)
    第1条 この規定は、就業規則第○条に基づき、従業員の育児・介護休業、子の看護休暇、育児・介護のための時間外労働及び深夜業の制限並びに育児・介護短時間勤務等に関する取扱いについて定めるものである。
    (育児休業の対象者)
    第2条 育児のために休業することを希望する従業員(日雇従業員を除く)であって、1歳に満たない子と同居し、養育する者は、申出により育児休業をすることができる。
    ただし、労使協定により除外された次の従業員はこの限りではない。
     (1) 入社1年未満の従業員
     (2) 従業員の配偶者で、育児休業の申出に係る子の親である者が次のいずれにも該当する従業員
      イ  職業に就いていない者(育児休業その他の休業により就業していない者及び1週間の就業日数が2日以下の者を含む。)であること。
       ロ  心身の状況が申出に係る子の養育をすることができる者であること。
       ハ  6週間(多胎妊娠の場合は14週間)以内に出産する予定でないか、又は産後8週間以内でない者であること。
       ニ  申出に係る子と同居している者であるこ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。