顛末書の書き方

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数1
閲覧数16,915
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    顛末書とは、事件や事故、トラブル、不祥事などの一部始終を記録した書面である。 顛末書は、基本的に事後その内容が明確になった時点でその詳細を客観的な立場の第三者(当事者以外)が、その事実と原因や責任の所在などを報告する目的で書かれる。ただし、会社によっては慣例として、事件や事故、トラブル、不祥事の報告を全て顛末書とするところもある。   本来は、当事者が途中経過やその反省の意味を込めた書くのは、顛末書とせず、経過報告書又は単に報告書(担当者として事実を会社に伝える)、理由書(当事者には責任はなく、不可抗力や主に相手方に責任がある)、反省文(当事者に軽微な責任あり)、始末書(当事者に重大な責任あり..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。