お悔やみの文例2

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数1
閲覧数1,026
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    ご子息様ご永眠の由、思いもよらぬ悲しいお知らせに、ただ呆然としてしおります。
    最愛のお子様を亡くされた親御様のご心中、いかばかりのお嘆きかとお察し、申す言葉もごぎいません。僅か○○年足らずでご他界とは、どんなにかお心残りでいらっしゃいましょう。お悲しみのあまりお疲れのでませんように、ご自愛をお祈り申し上げるほかございません。
    ご霊前にお供えしていただきたく、心ばかりのもの同封いたしました。
    平成○○年○月○日

    ○○ ○○

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。