サプライチェーンをめぐる諸問題について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数206
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    今日、企業を取り巻く環境の変化は著しい。新しくおこる出来事に翻弄され1年後、2年後さえ予測しにくい時代である。その結果、企業は従来のマネジメントが成り立たなくなってきているのが実情である。この環境の変化は過去との関連性はない不連続なものであるため、企業組織を常に環境に適応するよう変革する必要に迫られている。
    高度経済成長期は作れば売れる時代であった。工場はとにかく製品を製造し、倉庫に納め、営業が製品をいかに売りさばくかに重点が置かれていた。しかし、現在の環境は作れば売れる時代ではなく、顧客の選択肢も広がり、より顧客の満足度の高い製品を迅速に供給できない企業の経営は厳しくなる一方である。物の溢れている今日では顧客は移ろいやすく、すぐに飽きて買わなくなるため、迅速に提供するための企業の在庫はかえって陳腐化し評価損を計上する結果ともなってしまう。
    企業はこの厳しい環境に適応するために、「必要なものを、必要な場所に、必要な時に、必要な量だけ」供給することを求められ、その反対に、必要でなくなったときには供給、生産、調達を迅速にストップして無駄な在庫を持たずにすむようにマネジメントをする必要が生じ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。