ゼロ金利と量的緩和fv

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数205
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    慶応レポート経済金融

    代表キーワード

    ゼロ金利量的緩和

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (B-3)
    預金者は銀行に対する信用に基いて預金をするのであるが、個々の金融機関は、預金者の信頼を保つべく、自分が直面するリスクを管理し、健全な経営を行うことが求められている。そこで、金融機関が直面するリスクとしては、1.信用リスク、2.市場リスク、3.流動性リスク、4.マネージメントリスクの4つが主なものである。 
    信用リスクとは、貸出先における倒産あるいは業績悪化によって貸出金の元本・利子が回収できなくなるというリスクであり、銀行業に本来的に随伴するものである。
     市場リスクとは、金融資産の市場価格が予想外の変動を示すことによって損失を被るリスクのことを言う。
     流動性リスクとは、なんらか..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。