学校臨床心理学第4課題

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数312
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    学校と教師の連携のあり方について述べよ。また実際にどのようになされているのか、事例を挙げて説明せよ。(A合格)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第4課題 第1設題
     教師は忙しい職種でもあり、スクールカウンセラーを形式的な活用はするが、必要がない限り交流しないということが多い。また、スクールカウンセラーの方も教師は忙しい職種であると認識し、さらに学校内に慣れてくると無理に交流をしなくてもいいかなといった雰囲気になってしまうスクールカウンセラーもいる。
    このようなことを少しでも解決する為には、スクールカウンセラーが新しく学校に入ってきたときに、スクールカウンセラーと学校・教師間をつなぐ活動をする教育相談担当教師等、つなぎ役の者を校内に置く必要がある。このつなぎ役の担当教師には、臨床心理学の世界を少しでも知っている者が望ましく、たとえば..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。