学校臨床心理学第2課題

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数344
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    学校臨床における「見立て」と「アセスメント」とは何か、どのような点に留意して行ったらよいかまとめよ。(A合格)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題 第1設題
     「見立て」とは、クライエントの問題をクライエントとともに理解し、より効果的な援助方針を立てるための最初の判断を示す言葉である。本レポートでは、多目的理解と関わり方の方針を立てるための広義概念として述べていく。
    学校臨床における「見立て」の特徴は、多元的で多様な情報の総合によって成立する点であり、子どもの問題をその子どもを取り巻く関係のネットワークにおけるコミュニケーションの障害として捉えること、スクールカウンセラーがコミュニケーションのつなぎ手として、誰に何をどのように伝えることが問題改善に役立つかどうか見立てることが重要となる。また、見立てながら関わり、関わりながら見..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。