学校臨床心理学第1課題

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数309
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    学校教育と心理臨床の考え方の違いについてまとめよ(A合格)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第1設題
    学校教育で、子供たちは論理的に、あるいは抽象化して考えることの面白さを学ぶ。ある課題に対して他人と同じ答えを導き出すことができれば、自分は他人と同じ地平に立っていることを確認できると共に、安心感も得ることができる「論理的・合理的な思考」を通して、自らの心をコントロールしていくことを学び、発達を即すという面があるのである。
    これに対し、臨床心理学ではそもそも心の本質を非倫理的で、思い通りにはならないという考えを前提とし、心というものと、どのように向き合い付き合っていくかを考えていくことになる。この観点に立つならば、答えは十人十色、つまり人の数だけ無数にあるということになり、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。