病院臨床心理学第2課題

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数355
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    人の一生における発達課題について代表的な学説を一つ取り上げ、各時期の発達課題をそれぞれ説明せよ(A合格)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題 第1設題
     数ある発達理論の中で、エリクソンの発達理論は最も有名であると言っても過言ではないであろう。この学説は、フロイトの心理性的発達理論を基礎として、対人関係を視野に入れた心理社会的発達論であり、8つの発達段階から成っている。発達の各段階において心理社会的危機が生じるが、そこで肯定的な感覚をより多く体験し、その危機を乗り越えていくことを各段階の発達課題として重視している学説である。
    第1段階である乳児期の社会心理的危機は「基本的信頼」対「絶対的不信」である。この危機を乗り越えることが発達課題となり、自我発達における信頼の獲得段階である。信頼と不信は同時に形成されるが、信頼が不信..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。