心理学研究法第3課題

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数527
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「調査法」「観察法」「検査法」「面接法」の中から一つ選び、ほかの研究法と比較しながら、その長所と短所を解説せよ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第3課題 第1設題
     心理学研究において、研究者はある対象・事象に対して論証するために意図した事項を調べ、データや資料収集・検証を行い、その状況を明らかにしていく必要がある。必要となるデータや資料を収集・検証する手段は様々であるが、ここでは「観察法」を取り上げ、他の手法とも比較しながら解説していく。
     「観察法」とは、ある研究目標のもとに、直接対象のありのままの行動を記録した実態を捉え、整理・分析し、それらにより、ある一定の規則性や結論を見出す資料収集法である。児童心理学や発達心理学、臨床心理学の分野でよく用いられている。具体的には、ある特定の行動をクローズアップし、それがどのような状況下で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。