古典的条件付けとオペラントの条件付けの違いについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数3,542
ダウンロード数33
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     人間行動を理解するうえで、学習行動は不可欠であり、学習とは、生活体の経験に基づいて生ずる比較的永続的な行動の変容を言い、行動の変容とは、新しい行動の獲得と既存の行動の消去を指している。これらの学習行動を説明する代表的なものとして、心理学では、古典的条件づけとオペラントの条件づけという2つの考え方があげられる。
     古典的条件づけは、パブロフの条件反射(条件反応)を基礎として、主に自律神経系が反応に関与しており、恐れや不安などの情動反応の形成に多くみられる条件づけである。パブロフは、犬に餌を与える直前にメトロノームの音を提示する操作を繰り返した結果、メトロノームの音の提示だけで犬に唾液を分泌させ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。