生活保護の仕組みについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数582
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     生活保護法には、その根幹となる4つの基本原理と、保護を具体的に実施する場合の4つの原則が定められている。基本原理には、国家責任による最低生活保障の原理(国家責任の原理)、無差別平等の原理、健康で文化的な最低生活保障の原理(最低生活の原理)、保護の補足性の原理があり、国家責任による最低生活保障の原理(国家責任の原理)、無差別平等の原理、健康で文化的な最低生活保障の原理(最低生活の原理)は、国の守るべき事柄を定めたものであり、保護の補足性の原理は、保護を受ける国民の側に求められるものである。
     保護の原則の第一は、申請保護の原則で、第7条に規定され、申請に基づき保護が開始されることを原則とした規..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。